天井とベッドの位置

天井との関係で、ベッドの場所について注意することは2つです。

風水-天井とベッドの場所

  1. 寝室の天井に傾斜がある場合は、高い方に枕があるようにベッドを置く
  2. むきだしの梁の下にベッドを置かない

このうち、2.については、風水のタブーで詳しく述べていますので、ここでは1.についてお話します。

スポンサーリンク

風水-天井とベッドの場所2

上の絵のように、ベッドを天井の低い方に枕が来るように置くのは良くないとされています。
その理由は、気(エネルギー)が下に降りてきて、顔や頭にまともに当たるからです。試しにそのようなところで寝ていると、顔に上からの圧力を感じるはずです。

ベッドを天井の低い方に置く場合の対処法

もし、正しい場所にベッドを置けない場合は、風水的には対策として3つの方法があります。

1.天井の高いところから水晶を吊るす

天井の高いところから、水晶をひもやリボンで結んだものを吊るします。
このとき、水晶の位置は天井のいちばん低いところと同じ高さに来るようにします。

風水-水晶を天井から吊るす

これで、風水的には、天井は水平と同じと考えられます。

2.小さな鏡を天井に向ける

天井の低い方の床やベッドのヘッドボードに小さな鏡を天井を向けて置くようにします。
こうすることで、天井から降りてくる気を反射するという意味になります。
または、象徴として低い方の天井が持ち上げられたと考えることができます。

3.先の尖った観葉植物を置く

天井の低い方の床に、サンセベリア(サンスベリア,チトセラン)などの先の尖った葉が上を向いている植物を置くようにします。これも風水的には、天井を押していることになって、悪い気が降りてこなくなることを意味します。

サンセベリア

【関連記事】
ベッドを置く場所 寝ているときに出入口が見えること
ベッドの場所 窓やドアは気の出入口

スポンサーリンク